Illustratorにある2種類のぼかしを使い分ける

Illustratorの効果メニューの中に、ぼかしが2種類あります。

なぜ?と最初は思われるかもしれませんが、あまり使い分けるケースが無ければ違いを知る機会も無いかもしれません。

今回はこの2種類の違いを簡潔にご紹介。

まずは『効果>スタイライズ>ぼかし』のほう。私はもっぱらこちらの方を使っています。

もう1つは『効果>ぼかし>ぼかし(ガウス)』のほう。あまり使う機会はありませんでした。使えないというワケではないので人によりけりです。

では実際使ってみましょう。

ほっぺの赤味に『スタイライズ>ぼかし』の方を適用します。

単位は環境設定で設定しているものになるようです。
これはオブジェクトを『はみださないように』ぼかしが適用されます。なので、ちょっと値を上げるとぼかし過ぎになってほとんど消えてしまうので小さい値を入力する事になります。

次に『ぼかし>ぼかし(ガウス)』の方ですが、Photoshopでおなじみのフィルタです。

これは単位はmmではなくpixelで設定するようです。また、プレビューも無いみたいですので値をどのくらいにするかちょっと困りそうです。

これはオブジェクトを『はみ出すようにぼける』効果になるみたいです。境界もボケている事から、『スタイライズ>ぼかし』程ではありませんが、値を大きくし過ぎるとだんだん内側もボケてほとんど見えなくなるのは同じだと思われます。

大きな違いは『オブジェクトをはみ出すか、はみ出さないか』でしょう。

ぼかしの影響範囲が容易に想定できる『スタイライズ>ぼかし』の方が私はよく使いますが、Photoshop的なぼかしを狙うなら『ぼかし>ぼかし(ガウス)』が適当でしょう。

機能にそれほど大きな違いはなさそうですので、使いやすい方でいいと思います。プレビューがある方が楽そうですけどね。

ちなみにぼかしを使うときはラスタライズの解像度も気にしましょう。これについてはまた今度。

このカテゴリの他の記事

webデザイナーさんにお願いしたい素材作り

Illustratorで文字を縁取りする常識は?

Creative Cloudを導入! 12月までまだ安い!

Illustratorのブレンドを使って文字を立体的に

Photoshopでテキストをとりあえず打つ

『ふうらい姉妹1巻』読んでいて主人公の生活が非常に不安になる、超シュール系4コマ。

『LIAR GAME 18』最終戦、四国志ゲーム開始!19巻は4月中に発売なので完結直前です!

『野崎まど劇場』なんて酷いラノベだ…と、爆笑しました。フリーダムな短編集。将棋のアレも…。

『iPhoneアプリ開発の教科書』カラーでイラスト多くて、まずはこれを読んでみようと購入しました。

『数論の世界』高校レベルの知識での面白い数論の話。高校の時にこの本を知っていたら…。

『ミーティアわんわん』古賀亮一先生の電撃新連載!もったいないので少しずつ読んでます。

『新ゲノム5』相変わらずの古賀亮一マンガです。とにかくギャグの密度が高い…!

『HTML5&CSS3ポケットリファレンス』技術評論社のPRシリーズは鉄板です。

『容疑者Xの献身』今更ながら、こんなに面白い邦画に出会えるとは…!悪い予想を上回る結末。

『ゆるめいつ』シュール系脱力4コマ!この作品に触発されて4コマを描き始めました。