60L.design へのメールフォームです。 ご質問、お問合せ、お見積り等、お気軽にお送りください。
データの送信は firestorage 等の転送サービスをご利用ください。

お名前 ※必須項目 お名前を入力してください
会社様名
お返事先メールアドレス ※必須項目 お名前を入力してください
お問合せ種別

お問合せ内容 ※必須項目 お問合せ内容を入力してください
次の2つの数字を足して入力してください。 ※必須項目 半角数字を入力してください。

+

=

閉じる
お気軽にお見積り、
お問合せ下さい
WPのget_postsに引数を渡すだけで本文検索が可能でした

2週間の納期がいきなり1週間になって、現在ヒィヒィ言いながらWPを組んでいます。
時々申し訳ないことにかなこみをお休みさせていただくことがありますが、大抵無茶なスケジュールを強行している状態だとお察しいただけますと幸いです。
体調がとても悪くてお休みいただくこともありますが、大抵は『月曜の出社までに』という締め切り作業に追われているためです。

『仕事ができないから忙しいんだ』『仕事の選び方が悪いから忙しいんだ』『無能だから忙しいんだ』とか、この業界じゃない方に言われると悔しい限りです…。取引先も好きで無理難題を押し付けてるわけじゃなくて、やはりこの業界のことを軽い方に誤解されているお客さんの注文だから仕方ないとは思っております。

そして、締め切りまであと1日、あとは通常投稿の処理を組めば間に合う!という状態になり、投稿のインデックス兼アーカイブ、投稿の詳細ページ、投稿の検索を作るのみになりました。
インデックスやアーカイブでは『カレンダー』『カテゴリ一覧』『ページネーション』などを作る必要があります。

個人的にwpに対して思っていることがあります。
『投稿だけ特別扱いなのが嫌!どんなカスタム投稿もget_postsで取りたい!投稿用のグローバル変数依存の関数を使わずにカレンダーなども出したい!』ということ。
なので、通常の『投稿』は使わず、カスタム投稿で通常の投稿を再現するように色々試していて、現状はカテゴリの扱い以外はできてきています。

今回はカレンダーもページネーションもWPグローバル変数などに頼らず実装できましたが、今回の余裕がないスケジュールで初めてぶっつけで対応したのが『本文検索』でした。

結果として『超簡単にできた』のです。

やることは3つ。

1)検索フォームで、検索文字列を検索結果ページに渡す。
2)検索結果ページでは検索文字列をそのまま受け取る。
3)検索文字列をパラメータに使ってget_postsするだけ。

以上、非常に簡単です。
get_postsの前身、query_postsではこれでできたらしいのですが、非推奨になりget_postsを使わないと…ということで、何かいい方法がないかなと思っていたら、なんとget_postsでもできると判明!

$query = array(
‘post_type’ => ‘post’ ,
‘numberposts’ => -1 ,
‘s’ => $search_str ,
‘order’ => ‘DESC’
);

パラメータsに、検索文字列を渡すだけでした。簡単!!
スペース区切りで検索した場合はAND検索になるようです。WPのget_postsのドキュメントにはなかったので、使えないかと思っていたのでびっくりしました。
これで別にWPのグローバル変数に頼らず、しかもカスタムポストタイプでもややこしいフォームのID付けも必要なく、本文検索ができるようになりました。
WP界では当たり前の話だったらお恥ずかしい話ですが…(汗)

検索機能としては私の取引先の要望からすると必要最低限で問題ないかなと思っておりますが、少し今後改良したいと思うのが、画像ファイル名も検索にヒットする、ということです。pngとか検索すると大量にヒットします。
これはこれで間違ってはいないのですが、今後検索機能をもう少し探って、チューニングできるようにと思ってます。

というわけで、なんとかデスマを乗り越えられそうですが、デザイナーさんから修正画像が届いてません…月曜早朝までに来ないと…(汗)
デザイナーさんは英語のスペルミスくらいはチェックしていただけますと助かります……OL化されるとこちらでは修正できませんし…。

『ふうらい姉妹1巻』読んでいて主人公の生活が非常に不安になる、超シュール系4コマ。

『LIAR GAME 18』最終戦、四国志ゲーム開始!19巻は4月中に発売なので完結直前です!

『野崎まど劇場』なんて酷いラノベだ…と、爆笑しました。フリーダムな短編集。将棋のアレも…。

『iPhoneアプリ開発の教科書』カラーでイラスト多くて、まずはこれを読んでみようと購入しました。

『数論の世界』高校レベルの知識での面白い数論の話。高校の時にこの本を知っていたら…。

『ミーティアわんわん』古賀亮一先生の電撃新連載!もったいないので少しずつ読んでます。

『新ゲノム5』相変わらずの古賀亮一マンガです。とにかくギャグの密度が高い…!

『HTML5&CSS3ポケットリファレンス』技術評論社のPRシリーズは鉄板です。

『容疑者Xの献身』今更ながら、こんなに面白い邦画に出会えるとは…!悪い予想を上回る結末。

『ゆるめいつ』シュール系脱力4コマ!この作品に触発されて4コマを描き始めました。