class="post-1093 post type-post status-publish format-standard hentry category-photoshopillustrator"
Illustrator CS6で困ったピクセルグリッドによる塗りと線のズレ

Illustrator CS6で困ったことが。

なぜかパスから、塗りや線がずれてしまいます。さらに、上図のように、線自体が破綻してしまったり、大変困った状態になってしまいました。

結論から言うと、Adobeさんに電話したところ『仕様です』との事です。…困りました!!

しかし、防止方法が分かったのでご紹介したいと思います。

原因としては、CS5から搭載された『ピクセルグリッドに整合』機能。
これは簡単に言うと、webなどのピクセルを基準とするドキュメントを作る場合、ピクセルを基準としたグリッドに強制スナップされる機能です。

これに気づかなかったのですが、なんと新規ファイルどを作成する場合、プロファイルを選ぶときに『web』などのピクセルベースのプロファイルを選ぶと、デフォルトで『新規オブジェクトをピクセルグリッドに整合』のチェックがオンになるようです。

ちなみに、このオプションは最初非表示になっているので、なおさら気づかなかったわけです。

ピクセルグリッドが有効な場合、上図のように、描いたはずのオブジェクトと、実際の塗りと線がずれてしまうことが生じてしまいます。
困ったことに、これは描いてて気づかないで、オブジェクトをクリックしないと分からない点です。

それこそ1ピクセルを調整するwebデザインではなおさら困りました。

では、新規ファイルを作成するときに、ピクセルグリッドのチェックをはずすことを忘れていたらアウトなのか?というと、変形パネルに設定があるようです。

まず、右上の三角オプションメニューから『新規オブジェクトをピクセルグリッドに整合』をはずします。
これで次から描くオブジェクトはピクセルグリッドに影響されません。

次に、すでに描いてしまったオブジェクトは、変形パネルの拡張メニュー(タブを何回かクリックすると出てきます)から、『ピクセルグリッドに整合』チェックをはずせばOKです。

しかし、これだとすべてのオブジェクトに対してチェックをはずす手間が必要です…。

で。

問題は『パスと実際の塗りや線が 一致しない仕様を継続するのか?』という事です。

ピクセルグリッドを基準とするなら、グリッドにスナップのように、パス自体がピクセルにスナップして欲しいところです。

というわけで、adobeさんにはいろいろ調査してもらって申し訳ありませんでしたが、今後改善をしてもらう事をフィードバックとしてお願いしておきました。

Illustratorで作業をするときはweb用のプロファイルは要注意ですね。

…しかし最初の画像のように線が破綻するのも仕様というのはおかしい気が…。